Loading

OTA試験

OTA試験

SGSアールエフ・テクノロジー(SGSRFT)では、OTA試験業務を開始致しました。
Satimo社 SG24L+MIMOシステムにより、CTIA規格に対応した試験が可能です。
Taiwan Accreditation FoundationによりISO/IEC 17025の認定を取得しています。

■CTIA Authorized Testing Laboratory
■Orange Accredited Antenna Testing Laboratory

OTAとは

Over the Airの略でケーブル接続せず無線通信を経由してデータの送受信・同期などを行う事です。
SGSアールエフ・テクノロジーの最新設備により、総合放射電力(TRP:Total Radiated Power)、総合等方向受信感度(TIS:Total Isotropic Sensitivity) または総合受信感度(TRS:Total Radiated Sensitivity)の試験を実施します。

MIMOとは

Multiple-input and Multiple-outputの略で、無線通信を行う場合、送信機と受信機両方共に複数のアンテナを搭載し、同時に使用することで通信品質およびデータ容量の向上を図る無線通信システムおよびアンテナ技術のことです。
MIMO(2×2)-Throughput(スループット)の試験を実施します。

OTA試験システム構成

OTA Laboratory Testing
OTA Laboratory Testing
[測定機器]
・OTA試験システム:SG24L-MIMO [MVG(Satimo)]
・Radio Communication Analyzer (Tester):MT8820C [Anritsu]
・Radio Communication Analyzer (Tester):CMW500 [Rohde & Schwarz]
・Radio Communication Analyzer (Tester):CMU200 [Rohde & Schwarz]
・Radio Channel Emulator:F32B16C [Keysight(Anite)]
・Network Analyzer:E5071C [Agilent Technologies]

OTA測定(バンド)周波数範囲 [690MHz ~ 6000MHz(SISO) ]

対応可能な無線規格 対応可能バンド
GSM/GPRS/EGPRS GSM850
P-GSM900
E-GSM900
R-GSM900
DCS1800
PCS1900
WCDMA(UMTS) I-XIV(1-14)
XIX-XXII(19-22)
XXV-XXVI(25-26)
LTE(SISO) Band1-14(FDD)
Band17-28(FDD)
Band30(FDD)
Band33-44(tdD)
LTE MIMO(2X2) / throughput Band1-6,9-14,17-19,21,25-28(FDD)
Band33-37,39,44(tdD)
Wi-Fi IEEE.802.11a
IEEE.802.11b
IEEE.802.11g
IEEE.802.11n

SISOとは

Single-input and Single-outputの略で、無線通信を行う場合、送信機と受信機のそれぞれ1つのアンテナを使用し、無線通信を行う一般的な無線通信システムです。MIMOに対してSISOと呼ばれています。

アンテナ測定周波数範囲 [ 690MHz ~ 6000MHz ]

SG24L-MIMOシステムを使用し、アンテナ利得[Peak Gain・Average Gain]・効率[Efficiency]・3D表示[View]・2D放射パターン[XY・ZX・ZY]などのアンテナ特性(性能)の試験を実施します。

CTIA準拠ファントム(ヘッド・ハンド4種×左右)

OTA試験ファントム

OTA( TRP / TIS )測定結果(参考出力図:放射パターン・3D表示)

OTA試験測定結果
※別途数値テキストデータにて出力可能。

アンテナ特性測定結果(参考出力図:放射パターン・放射効率)

OTA試験特性測定
※別途数値テキストデータにて出力可能。

contact_big

PAGE TOP