Loading

業務規程(第5章、第6章)

3.特定無線設備技術基準適合証明・工事設計認証業務規程

第5章 秘密の保持に関する事項

(秘密の保持) 第28条
役員、職員、証明員および過去にこれらの職にあった者は職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。

第6章 帳簿及び書類に関する事項

(帳簿等の管理と保存) 第29条
  1. 当社は、法第38条の12(同法第38条の24第3項において準用する場合を含む。)に規定する帳簿を、特定無線設備の種別ごとに作成して、技術基準適合証明等を行ったときは速やかに記載する。記載する内容は、証明規則第13条第1項(同規則第21条において準用する場合を含む。)に規定する内容とし、別表第15号に定める様式の「帳簿」により作成する。帳簿の原本は国内認証課で保管し、課長が管理する。
  2. 当社は、前項の帳簿及び技術基準適合証明等に係る書類(以下「帳簿等」という。)の保存期間を10年間とし、国内認証課において保存する。
  3. 帳簿等の保存期間は、当該帳簿等を記載した日から起算する。
(専用ファイルの管理) 第30条
当社は、技術基準適合証明等に係る書類等を特定無線設備の申込みごとにまとめ、専用ファイルを作成し、管理する。専用ファイルで管理する書類等は次のとおりとする。
(1) 別表第6号の「特定無線設備審査結果報告書」
(2) 別表第1号の「申込書類等」に規定した書類
(3) 特性試験データ又は試験結果報告書
(4) 手数料に係る見積書、請求書、領収書の控え
(5) その他の技術基準適合証明等に係る書類
(帳簿等の保管方法) 第31条
帳簿等は、管理が適切に行うことのできる専用の場所で保管を行う。又、電磁的記録により作成された帳簿等は、直ちに表示できることとし、必ずバックアップをとるものとする。

AdobeReaderダウンロード
PDF形式のファイルを利用する場合は、Adobe Readerが必要です。こちらからダウンロードできます。

contact_big

PAGE TOP